JR寝台特急サンライズ瀬戸 予約

JR寝台特急サンライズ瀬戸の予約(購入)方法

スポンサーリンク



 

サンライズ瀬戸の予約(購入)方法は以下の方法があります。

 

 

みどりの窓口で購入

 

利用する列車が始発駅を発車する日の1カ月前(前月の同じ日)の
午前10時から駅や旅行会社の窓口で一斉に発売されます。
(窓口に並ぶ必要があります)
例えば7月1日に乗る場合、6月1日の午前10時に窓口で発売されます。
寝台特急列車は窓口のみでネットでは販売されていません。

 

 

切符販売開始日について注意がありまして、
前月に同じ日がない場合があります。その場合は以下になります。

 

※前月に同じ日がない場合

 

 

 

 

希望する日や寝台などいち早く切符を取得する方法としては、
10時打ちがあります。
以下10時打ちについて

 

 

※10時打ちについて

 

10時打ちとは販売開始10時ジャストにマルス(券売機)をたたいてもらうことです。
(事前に寝台のタイプや利用人数などの必要事項をマルスにインプットし、
10時ジャストにデータを送ってもらいます)
もちろん10時よりも早く窓口に来て、駅員さんにお願いする必要があります。
事前に申込書に乗車日や人数、席などを記入して駅員さんにお願いします。

 

 

 

あくまでお願いですので、全てのJR窓口や旅行会社が受け付けてくれるとは限りません。
受け付けてくれる窓口の方が少ないです。
中にはシャッターが開くと同時に1番に申し込んだ方もいてます。
受け付けてくれる窓口も少ないですし、10時打ちをしたからといって、
必ず予約が取れるとは限りません。

 

 

 

全てのみどりの窓口が対応してくれるとは限りませんので、事前に確認した方がいいと思います。
断られた事例(Q&A)(トワイライトエクスプレスの場合)

 


AM5:20に窓口が開くと同時に申込書を提出!ところが10時にならないと受け付けられないとのことで・・・
納得出来ないものの、出直しました。
結局10時になって、データ入力から始まってたのでは当然のこと敗戦でした。
JR東海だけこんな条件なんですかね。

 

 

 


鉄道業界に従事していますので、簡単にですが回答します。
駅の規模により、設置されているマルス端末の数は変わります。
そのため、通常の営業に支障がないマルス端末の数を保有している駅でのみ事前受付を行っております。
ようするにマルス端末が1台しか設置されていない駅などでは、お断りすることがあります。
なので、事前に事前申込を受け付けてくれる駅を探す必要があります。
基本的には・・・『新幹線停車駅』や『出札カウンターの窓口が2つ以上ある駅』などを対象にして探すと良いでしょう。

 

 

 

発券動作に関しては、すべての駅で10時の5〜10分前からデーター入力を行い、電話を使用して時報をもとに発券動作をしていると思います。
実際、自分もそのような方法で発券しているので。

 

予約のタイミングですが、たしかに発売当日より前の日から予約を承ることが可能ですが、
発売日当日に申込みに来た方を優先して発券しますので可能な限り、発売日当日の窓口営業開始時刻に申し込む事をオススメします。

 

ちなみに、私の勤務先では2月16日(3月16日の前売り)の申込みが多数来たため、
通常業務に支障が出ない事を確認し、駅に設置されているすべてのマルス端末で発券を行いました。
日本海は一部しか取れませんでしたが、のぞみ号(300系ラストラン)は、申込まれた5席すべて確保する事が出来ました。
たしかJR東海の119ファイナル号も席を確保できたと思います。
意外と自分の勤務している駅は穴場かもしれません(笑)

 

トワイライトエクスプレスは、乗車する客車のレベルにもよりますが、今現在もかなり難しいです。
カシオペアの展望席とか結構簡単に取れたりするんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行会社の窓口で購入

 

主要な旅行会社の窓口でも販売していますが、
開店時間が、みどりの窓口(10時)よりも遅く、
店舗によっては11時開店というところもあります。
ですので、旅行会社の窓口よりみどりの窓口の方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

JRおでかけネット・電話予約サービスで購入(クレジットカード必須)

 

JRおでかけネット・電話予約サービス

 

0088−24−5489(通話料無料)

 

078−341−7903(有料)

 

受付時間・8時〜22時(年中無休)

 

 

電話での切符購入受け取りまでの流れを簡単に説明
電話をする(オペレーターが出ます)→乗車日や人数を伝える→予約・購入が完了したら「予約番号」を言ってくれます。
その予約番号と電話番号下4桁とクレジットカードをもって駅へ(もちろん予約購入時のクレジットカード)
駅の「みどりの窓口」か「みどりの券売機」で購入。
(乗車日当日に切符を受け取ってもOK、ただ余裕をもって来られた方がいいと思います)

 

 

※受取れる駅は、JR西日本、JR四国、JR九州エリアの駅のみです。

 

※J-WESTカード、JCB、UFJ、MUFG CARD、AMERICAN EXPRESS、VISA、UC、Master Card、Diners Club、DCの表示のあるクレジットカードで購入できます。

 

※申し込み手続きが完了した時点で、クレジットカードでのご購入となります。
 クレジットカードの利用は会員本人に限ります。

 

 

詳細は以下
JRおでかけネット・電話予約サービス

 

 

 

 

こんなサービス(有料)もあります。
JRおでかけネット・5489宅配便(宅配サービス)

 

電話予約サービスで購入した切符を全国どこへでも(離島含む)宅配便で届けてくれます。
乗車の7日前まで利用可能です。
JRおでかけネット・電話予約サービスで購入した切符の受け取りは、
JR西日本、JR四国、JR九州エリアの駅のみなんで、遠くに住んでてちょっと駅まで行けないという方におススメです。

 

 

 

 

 

 

キャンセル待ちを狙う

 

キャンセル待ちですが、この方法もどうやら有効のようです。
1ヶ月前になかなか予約取れない理由に、主に旅行会社のパック旅行や
ホテル組み合わせの指定券の先行手配があります。

 

 

もちろん手配した全てのパック商品が売れるわけではないので、
当然売れ残った寝台をJRに戻します。
だいたい、旅行会社の商品の締め切りは10日前が多いようです。
乗車日当日、前日のキャンセルは、キャンセル料が大幅に上がるため(寝台料金の30%)
2日前に残っている寝台をJRに戻します。

 

 

ですのでキャンセル待ちは、10日から2日前が有効のようです。
もちろん当日にキャンセルが出ることもあります。

 

 

 

 

 

以下に参考になる情報があったので記載しておきます。

 

質問日は4月2日です。

東京発5月2日のサンライズ瀬戸のチケットを購入しするため、

今日10時にみどりの窓口へ行きましたが、
残数を確認したときはわずかな状態で発券をお願いしたら間に合いませんでした。

 

 

キャンセル待ちをお願いしてきましたが疑問がわきました。
キャンセル待ちってどういう仕組みになっているのでしょうか?
キャンセル待ちの登録をしておくとキャンセルがでるとわかるようになっているのか?

 

 

みどりの窓口の方が自発的に空席状況を確認しないとわからないのか?
後者なら行ける日になるべく窓口へ行ってみようと思うのですが・・・
出発日に近くなるほうがキャンセルが出やすいものでしょうか?
お詳しい方どうぞお願いします。

旅行会社でJR券を担当する者です。

 

JRの端末(マルスと言います)は、キャンセル待ち機能というのは付帯していません。
私の店舗でもキャンセル待ちというのを、よく受付します。
具体的にはお客さんに書いてもらった申し込み用紙をファイルして、ヒマな時に端末を操作して探します。
(私のところでは朝の出勤して朝礼までの空いた時間や昼飯休憩時や閉店して19〜21時頃など)
これは旅行会社に限らず、JRの駅でも全く同じです。

 

 

 

キャンセルについては、1か月前の10時30分頃に第一波があります。
これは係員の取り間違いで発券した分を消去する為です。
第二波は列車出発の13日前にも比較的キャンセルがあります。
これは旅行のパック商品が14日前からキャンセル料がかかる為、
その翌日に比較的キャンセルが発生します。
第二波以降は列車出発の6日前(同じく7日前からキャンセル料対象)
4日前・・・って感じで出てきます。特に3日前あたりでは非常によく出入りがあります。

 

 

 

私が勤務する店舗でも上野発のカシオペアのスイート展望車が
3日前ぐらいの夜にポコッと出て来てゲットしたことがあります。
カシオペアの上野発は17時頃ですが当日の16時頃にキャンセルが出て、
私の追跡ではそのまま空室で札幌まで走ることも「端末上」ではちょくちょく見掛けます。
まぁみどりの窓口を見かけたら、コマメに端末を叩いてもらってはいかがでしょうか?
くれぐれも係員がヒマそうな時間帯(14〜16時や20〜22時とか駅によってマチマチですが)を見計らって下さい。

 

 

 



スポンサーリンク